メニュー

sightseeing柳川を観光する

食べる

うなぎの原田 うなぎのはらだ

【焼き立てにこだわったせいろ蒸し】

 現在のご主人は5代目で、創業は200年前ともいわれています。当時のお店は矢部川の河畔にあり、川で獲れたうなぎや泥鰌(どじょう)を料理して提供するお店として誕生したとのこと。4代目から現在の場所にお店を構え、うなぎの蒲焼やせいろ蒸しを出されています。

 国産うなぎだけを使い、焼き立てにこだわっています。「うなぎが一番美味しいのは焼き立てです。お客様にも、焼き立てを味わってほしい。」そう語るご主人が作るせいろ蒸しは、蒸しを浅くして焼き立ての香ばしさを保つのが独特です。この独特の味を求めて、北九州や熊本など県外からわざわざいらっしゃる方も多いそうです。「最近はお客さまがSNSで発信してくださるおかげで、わざわざ来店される方が増えている」とのこと。人気は「上せいろ蒸し」です。

 入口を入ると「来る人もまた来る人も福の神」という飾り板が和ませてくれます。店内は民芸調の家具や小物で整えられ、間隔をあけた座席配置は清掃も行き届いて清潔感いっぱいです。美味しい食事だけでなく、笑顔が素敵な奥様と、お店を切り盛りしているご主人のきびきびと働くお姿から、たくさんの力をもらえるお店です。

住所
柳川市大和町中島451-1
電話番号
0944-76-4229
営業時間
11:00~20:00
予算
3001円~5000円
予約の可否
予約可能
席数
40席
定休日
火曜日
禁煙・喫煙
全席禁煙
駐車場
支払方法

現金

カード

QRコード決済

バリアフリー
対応可
交通手段
西鉄中島駅から徒歩12分
子連れの可否
子連れ可
リンクURL
ホームページ
施設の感染対策
  • 従業員にマスクやフェイスガード等の着⽤を徹底するよう周知している。
  • 消毒液等を設置し、従業員や利⽤者に対して、⽔と⽯鹸を使った⼿洗いや消毒の徹底を周知している。
  • 咳・くしゃみをする際に、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖を使って、⼝や⿐をおさえる等咳エチケットを守るよう徹底している。
  • 床に⽬印を表⽰する等の⾏列整理や事前予約制の導⼊等混雑しないよう⼯夫をしている。
  • 座席の間隔や利⽤者とスタッフ間の⼈と⼈との距離を確保するよう⼯夫をしている。
  • 対⾯する場⾯では、ビニールカーテン等の遮断物を設置する等、極⼒接触しないようにしている。
  • 店内では、3密を避ける⼯夫をしている。(⼊場者、滞在時間制限など)
  • 扉や窓を開ける等、定期的な換気を実施している。
  • 複数の⼈が使⽤する共⽤スペースや物品を極⼒減らし、トイレなど共⽤箇所は定期的な消毒を徹底している。
  • 使⽤済み物品を回収は⼿袋の着⽤や、回収後の⼿洗いや⼿指の消毒を徹底している。
  • 使⽤済みの物品や消耗品は、密閉しビニール袋等で縛って捨て、捨て終わったら、⼿洗いや⼿指の消毒を徹底している。
  • 従業員に出勤前に検温や体調確認をさせ、毎⽇報告させている。
  • 従業員が体調不良を訴えたときは、休養を取るよう徹底している。
  • 利⽤者に対して、熱がある場合は利⽤を控えるよう依頼している。
  • 従業員や利⽤者に対して、接触確認アプリ「COCOA」をインストールし、⽇ごろから利⽤するよう周知している。
  • 料理は大皿を避け個々に提供する、取り分け用の箸やトングをつける、相席を避ける等の工夫を行っている。

うなぎの原田

Pagetop