メニュー

sightseeing柳川を観光する

食べる

うなぎと食事処 千十 うなぎとしょくじどころ せんじゅう

  • 福岡県新型コロナウイルス感染防止宣言
  • 新型コロナ対策取組宣言店

【うなぎの骨を使い5時間煮込んだ秘伝のたれ】

 平成5年に佐賀県内で和食のお店として創業。平成14年7月に現在地に移転し、現在のお店を開業されました。ご主人がうなぎ店で働いた経験を活かして、柳川開業以後はうなぎ料理も提供されています。

 お店で人気は「千十せいろ蒸し定食」。うなぎは国産だけを使い、炭火焼きにしています。あっさりめに作られているたれは、うなぎの骨を焼いて臭みを除いてから出汁を取り、5時間煮込んで醤油と氷砂糖を加えたもの。ほかにも煮物やお刺身、てんぷらがついた「松花堂」、どじょうを使った柳川の郷土料理「柳川鍋定食」などもおすすめです。和食のお店にもかかわらず入口のショーケースには、なぜかシュークリームとロールケーキなどの洋菓子が並んでいます。聞けば福岡市でパティシエの修業をしていたご長男が柳川に戻り、令和2年11月から洋菓子を作って販売されているそうです。コース料理やランチを注文されたお客さまには別途料金プラスで、お好きな洋菓子をつけているとか。「和食のお店と洋菓子の意外な組み合わせが新しいですね」と、お客さまに言われることもあるそう。

 柳川が生んだ詩人・北原白秋の生家がお店の目の前という地の利から、お客さまは観光の方と地元の方が半々だそうです。地元のお客さまは法事や宴席での利用が多いとのこと。新型コロナの流行以後は、鉢盛の仕出しやお弁当にも力を入れられています。

住所
柳川市沖端町57
電話番号
0944-74-5513
FAX番号
0944-74-5352
営業時間
11:00~18:00
予算
1001円~3000円
予約の可否
予約可能
席数
50席
定休日
毎週月曜日、祝日の時はその翌日
禁煙・喫煙
全席禁煙
駐車場
10台
支払方法

現金

カード

電子マネー

QRコード決済

交通手段
車・電車・バス・徒歩
子連れの可否
子連れ可
施設の感染対策
  • 従業員にマスクやフェイスガード等の着⽤を徹底するよう周知している。
  • 消毒液等を設置し、従業員や利⽤者に対して、⽔と⽯鹸を使った⼿洗いや消毒の徹底を周知している。
  • 咳・くしゃみをする際に、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖を使って、⼝や⿐をおさえる等咳エチケットを守るよう徹底している。
  • 床に⽬印を表⽰する等の⾏列整理や事前予約制の導⼊等混雑しないよう⼯夫をしている。
  • 座席の間隔や利⽤者とスタッフ間の⼈と⼈との距離を確保するよう⼯夫をしている。
  • 対⾯する場⾯では、ビニールカーテン等の遮断物を設置する等、極⼒接触しないようにしている。
  • 店内では、3密を避ける⼯夫をしている。(⼊場者、滞在時間制限など)
  • 扉や窓を開ける等、定期的な換気を実施している。
  • 複数の⼈が使⽤する共⽤スペースや物品を極⼒減らし、トイレなど共⽤箇所は定期的な消毒を徹底している。
  • 使⽤済み物品を回収は⼿袋の着⽤や、回収後の⼿洗いや⼿指の消毒を徹底している。
  • 使⽤済みの物品や消耗品は、密閉しビニール袋等で縛って捨て、捨て終わったら、⼿洗いや⼿指の消毒を徹底している。
  • 従業員に出勤前に検温や体調確認をさせ、毎⽇報告させている。
  • 従業員が体調不良を訴えたときは、休養を取るよう徹底している。
  • 利⽤者に対して、熱がある場合は利⽤を控えるよう依頼している。
  • 従業員や利⽤者に対して、接触確認アプリ「COCOA」をインストールし、⽇ごろから利⽤するよう周知している。
  • 料理は大皿を避け個々に提供する、取り分け用の箸やトングをつける、相席を避ける等の工夫を行っている。

うなぎと食事処 千十

Pagetop