メニュー

sightseeing柳川を観光する

食べる

うなぎ処 楠川 うなぎどころ くすかわ

【店内に入ると掘割を一望 作りたてをいただく】

 お店の前には大きな楠(くすのき)があります。建物の背後には掘割が広がっているところから、ご主人は「楠川」という店名をつけました。お店の正面からは分かりづらいのですが、店内に入ると大きなガラス窓ごしに掘割が一望できます。この掘割は川下りの船が多く行き来する場所で「柳川雛祭りさげもんめぐり」の際には、ひな人形のように華やかな着物に身を包んだ子供たちを乗せた船が、ここを通ってゆくのです。掘割の風景を間近に楽しむ穴場としてすでに知られているせいか、お客さまの大半は観光客の方です。それも家族や友人同士といった少人数のグループが多いそう。店内の心落ち着くテーブルと椅子は、柳川市のおとなり大川市「工房えがしら」が製作した特注品のもの。「ほかのどこにもない椅子とテーブルなので、ここに座って豊かな気持になってもらえればと思い、ひとつひとつ増やしていきました」とのお話に、温かいおもてなしの心を感じます。

 人気が高いのが「うなぎせいろむし」。宮崎・鹿児島産の国産うなぎを使っています。作りたてをその場で食べてもらうことを信念としているこちらのお店。新型コロナが流行している今は、お店のうなぎ料理を味わう機会が少なくなり、残念でなりません。鮮やかな朱塗りの容器に、きちんと整ったせいろ蒸しを見ていると、清々しいものを感じます。柚子や三つ葉を添えた、うなぎの肝吸いも美味しくいただきました。ほかにもどじょうを使った「柳川鍋」もおすすめです。小骨を外してあるので、お魚を食べるのが苦手な方にも好評で、女性客の注文も増えているそうです。

 お店の立地と味を求めて、遠くは鹿児島県や長崎県から、わざわざ訪ねてくる常連さんもいらっしゃるとのこと。掘割を行き交う船を眺めながら、柳川の味を楽しむ時間が早く戻るといいですね。

住所
柳川市城隅町22-7
電話番号
0944-74-1707
営業時間
11:00~19:00
予算
3001円~5000円
定休日
火曜日
禁煙・喫煙
全席禁煙
駐車場
5台
支払方法

現金

子連れの可否
子連れ可
施設の感染対策
  • 従業員にマスクやフェイスガード等の着⽤を徹底するよう周知している。
  • 消毒液等を設置し、従業員や利⽤者に対して、⽔と⽯鹸を使った⼿洗いや消毒の徹底を周知している。
  • 咳・くしゃみをする際に、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖を使って、⼝や⿐をおさえる等咳エチケットを守るよう徹底している。
  • 床に⽬印を表⽰する等の⾏列整理や事前予約制の導⼊等混雑しないよう⼯夫をしている。
  • 座席の間隔や利⽤者とスタッフ間の⼈と⼈との距離を確保するよう⼯夫をしている。
  • 対⾯する場⾯では、ビニールカーテン等の遮断物を設置する等、極⼒接触しないようにしている。
  • 店内では、3密を避ける⼯夫をしている。(⼊場者、滞在時間制限など)
  • 扉や窓を開ける等、定期的な換気を実施している。
  • 複数の⼈が使⽤する共⽤スペースや物品を極⼒減らし、トイレなど共⽤箇所は定期的な消毒を徹底している。
  • 使⽤済み物品を回収は⼿袋の着⽤や、回収後の⼿洗いや⼿指の消毒を徹底している。
  • 使⽤済みの物品や消耗品は、密閉しビニール袋等で縛って捨て、捨て終わったら、⼿洗いや⼿指の消毒を徹底している。
  • 従業員に出勤前に検温や体調確認をさせ、毎⽇報告させている。
  • 従業員が体調不良を訴えたときは、休養を取るよう徹底している。
  • 利⽤者に対して、熱がある場合は利⽤を控えるよう依頼している。
  • 従業員や利⽤者に対して、接触確認アプリ「COCOA」をインストールし、⽇ごろから利⽤するよう周知している。
  • 料理は大皿を避け個々に提供する、取り分け用の箸やトングをつける、相席を避ける等の工夫を行っている。

うなぎ処 楠川

Pagetop